2021年 10月8日講義

㈲クロフネカンパニー

中村 文昭氏

いつもお世話になっている皆様へ

むかし問題児、今は小中高大学の講師

 今回の講師は、前回予告したように、2012年から講義をお願いしている中村文昭さんでした。中村文昭さんは、他の多くの講師と違って、小学校、中学校時代は、成績が良かったわけでもなく、生活態度が良かったわけでもない、どちらかといえば劣等生であり、問題児であったと言われます。停学の回数も半端ではなく、今、小学校や、中学校、高校大学などでの講演も多いと言われていますが、当時、このような人生が待っていたなんで想像もしなかったくらいの札付きの生徒であったと言われています。具体的には、女子更衣室を学校の屋根裏で覗いていたら、仲間が増えて、屋根が落ちて発覚し停学などの武勇伝には事欠かない問題児です。

人との出会いで、人生は開ける

 そのような中村さんが高校卒業後ある人との出会いをキッカケとして、劇的に変身されます。東京でいくつかの果物と野菜の行商や飲食店の経営に関わり商売の面白さを知り、三重県の伊勢市でカウンターバーやブライダルも出来るレストランクロフネを開店大繁盛となります。

 2000年から始めた講演活動が評判に評判を呼び年間300回を超す講演家となられますが、講演において、人の心を掴むのは、過去の問題行動の数々です。このような経験が、抱腹絶倒させる笑いのネタとして、聞く人の緊張感をほぐし、師匠との出会いの中で学んだ涙を誘うような人生の教訓で一挙に講演者と参加者の距離を縮めてしまうという話のマジシャンです。私は中村さんの話には過去50回くらい参加してますが、何回聞いても毎回感動します。最近は、鉄板ルールについてはあまり話をされることはありませんが、中村さんは人との出会いで、人生は開ける。この人と思う人に出会ったら、「返事は0.2秒」「頼まれごとは試されごと」と考え、全身全霊でその頼まれごとに答えると言われます。中村さんはその御蔭で、奥さんとの間に喧嘩が一度もないそうです。奥様に「風呂掃除」を頼まれたら奥様の期待を数倍超えるような風呂掃除をするというのですが、私にはまだその域に達していません。「誰が稼いでいるんだ」とか「俺は外で忙しく、仕事をしてきたのだから、家でくらいゆっくりさせてくれよ」というような気持ちが少し芽生え、中村さんのような行動には移せないのが正直な感想です。確かにみんなが中村さんのような境地になったら世の中から争いの種はなくなるんじゃないかと感じます。

子どもの人生の決定権を子どもに渡す

 先日の中村さんの話は、中村さんの子供の話が中心になっっています。彼には男の子が

3人いて長男が中学校三年生の時に、3百万円を渡して、このお金を使って高校に行くのもよし、遊びに使うのもよし、商売につかいのも、全て自由にしなさい。自分の人生の決定権を本人に渡したというのです。ここまで、子供を信頼し任せることが出来るのかと私は驚きましたが、彼は、自分で英語を勉強し、ニュージーランドに留学することを選択し、彼はそこでトライアスロンと出会います。もしかしたらトライアスロンでオリンピックでメダルを取る日が来るかもしれません。彼の名前は中村大和君です。トライアスロンの名物監督である八尾監督の指導を受け、自分の人生を最高に経営しています。

 

 次回の講義は10月15日で、講師はトヨペット博多(株)の久恒兼孝様です。

自動車業界が地球温暖化によるカーボンニュートラルの影響をどのように受けるのかそれによって、日本経済がどのように変わるのか、世界情勢から目が話せません。そのようなきっかけになればと思っております。

 

10時40分から14:30まで(12:10-13:00の昼食中断を含む)ZOOMで

ID:7176563939

Pass:717656

2021年10月11日 阿比留正弘